私の目指す社会

私の目指す社会

 今、日本がおかれている状況は極めて厳しいものがあります。世界の先頭を切って進む高齢化、そして少子化。医療や年金をはじめとする社会保障と教育の問題。当面の景気、雇用対策や、地方の疲弊。一次産業や中小企業の活性化。日本を取り巻く安全保障や地球的課題である環境問題。そしてこれら総てに関係する財政問題など枚挙にいとまがありません。
 今こそ、政治は原点に立ち戻り、目先の人気取り競争に走ることなく、「持続可能な社会」に日本を作り変え、同時に、自らの責任によらず弱い立場に追い込まれた人々に手を差しのばさなければなりません。具体的には以下になります。

1)勝ち組・負け組のない社会作り

  • 医療・介護
  • 地域の病院・診療所が相互に協力して支える「地域医療ネットワーク」の構築。
  • 介護人材の確保・介護従事者の処遇改善。
  • 子育て・教育
  • 優秀な学生への奨学金給付制度の創設。
  • 夜間も含む学童保育の充実等地域での子育て支援。
  • 雇用・人材投資
  • 定年制の見直し等「生涯現役社会」の実現。
  • 非正規労働者の均衡処遇。障害者の就労自立支援。

2)地方の活性化

  • 中小・零細企業
  • 信用保証制度の充実、融資の円滑化。
  • 農商工連携の強化。「補助金より仕事を」
  • 地方分権・地方税財源の充実
  • 地方分権の推進。交付税の高齢化率を基準にした配分。
  • 免税債の活用等による税金を使わないインフラ整備。
  • 広域観光の推進と農林水産業との連携
  • 滞在型観光の推進のための地域連携。農林水産業の観光資源活用。
  • 地域のインフラ整備
  • 真に必要な道路整備等、地域のハンディキャップの解消。
  • 地震・津波対策の推進。

3)農林水産業

  • 希望と安心の農林水産業
  • 水田フル活用と、地域農業の担い手に対し、直接支払いや収入変動緩和措置検討。
  • 農商工連携や輸出促進支援。
  • 自立可能な林業経営支援。
  • 資源管理型漁業への転換支援。
  • 直接販売など流通改善支援。付加価値を高める措置の支援
  • 環境保全への支援。

4)行財政改革

  • 信頼できる政府へ
  • 全予算項目の見直し。厳格な説明責任。
  • 天下り排除。公務員を天職として全うできる制度に改革。
  • 議員・公務員の定数削減。

5)国民の安心のための安定財源

  • 財源なくして安心なし
  • 今後2,30年の人口構造、社会構造に見合った税制改革。負の所得税導入検討と累進構造の見直し。相続税、贈与税の見直し。
  • 経済状況を見つつ、年金、医療、介護等だけに充当する「社会保障税」を創設。税収は国民に全額還元。

6)地球温暖化阻止

  • 国民的省エネ運動の展開
  • 民間の省エネ、新エネ投資を拡大するための税制整備。
  • 革新的技術開発への国費投入。
  • エコカー促進税制。充電インフラ整備への支援。

7)外交・安全保障

  • 新時代の日米関係・アジア関係
  • 日米関係を基軸としつつも、アジアの安定強化のために「日米中三極サミット」の創設。
  • 経済・環境分野での協力関係強化。アジア経済・環境共同体構想。
  • 憲法の精神を生かしつつ、必要な国際貢献の着実な実行。
  • 北朝鮮対策を含む北東アジア地域安保の仕組み作り。
  • 軍縮・核不拡散体制への取り組み強化。

本サイトに掲載されている画像・文章等全ての内容の無断掲載・引用を禁止します。
Copyright Norio Mitsuya All Rights Reserved.

三ツ矢憲生事務所

伊勢事務所
〒516-0073
三重県伊勢市吹上2丁目5番8号
※新しい住所に移転しました
TEL 0596-21-0328 / FAX 0596-21-1328
mail:mitsuya1@siren.ocn.ne.jp
議員会館
〒100-8981
東京都千代田区永田町2-2-1
衆議院第一議員会館913号
TEL 03-3581-5111 / FAX 03-3508-5210
mail:h07276@shugiin.go.jp